カテゴリー「教育・スポーツ」の記事

2015年1月29日 (木曜日)

過ぎたるは猶及ばざるが如し

寒中お見舞い申し上げます

2015年になり

もうひと月が

過ぎようとしています。

ブログの更新も久しぶりです。

遅れましたが今年もよろしくお願いいたします。

今回

タイトルにもあるように

「過ぎたるは猶及ばざるが如し」

とは言ったものです。

何事も程ほどが肝心で、やり過ぎることは やり足りないことと同じ

良いこととは言えない。 良いと言われることでも、やり過ぎは害に

なるということ。

『論語・先進』にある、孔子が二人の門人子張(師)と

子夏(商)を 比較して言った言葉に基づく。

「水準を越した師も水準に達しない商も、ともに十全ではない。

人の言行には中庸が大切である」と説いたという故事から。

「過ぎたるは及ばざるが如し」ともいう。

カラダも同様に

筋肉が張り過ぎても

弛み過ぎてもよくないのです。

そのちょうどいい塩梅にできるのが

和屋の無痛の施術です。

この寒い時期は

筋肉の緊張が強くなり

肩こり、頭痛、背中の痛み

腰痛、ひざ痛といった症状の方も多くなります。

カラダを弛めて回復しましょう。

お気軽にお問い合わせください。

からだ回復処 和屋

☎ 076-283-3848

Facebook

Img_9468

2014年12月29日 (月曜日)

2014年もありがとうございました。

本日、12月29日

2014年の営業が最終日でした。

今年も

皆さまの健康と運動にかかわることができ

本当に嬉しく思います。

大変ありがとうございました。

今年を漢字一文字で表すと

「挑」になります。

健康運動指導士の講習

3度の試験でようやく合格。

そして

シナプソロジー普及会 インストラクター資格取得。

今後もまだまだ挑戦は続きますが

健康と運動にかかわる内容を

学ぶ機会をいただき感謝しています。

さて

からだ回復処 和屋

新年明けて

4日(日)からの営業となります。

ご予約やお問い合せは

年末年始休業中も承ります。

予定表(予約状況)をご確認の上

お電話、メール、フェイスブックなどから

ご連絡、お待ちしています。

☎ 080-9773-7538

✉ na538@live.jp

フェイスブック 

皆さま

よいお年をお迎えください。

からだ回復処 和屋

      代表 西田 健一

Img_9200


Img_9195

2014年12月 1日 (月曜日)

感謝の7周年

2007年12月1日に開業して

本日

2014年12月1日

からだ回復処 和屋7周年を迎えました。

開業から

地域の皆さまの健康のお手伝いができ

愛される整体院になれるよう努力してきました。

多くの方々に

ご来院いただいたり

出張の依頼をいただき

「痛くなくなった」「楽になった」「軽くなった」などの

喜びの声が私の原動力になったことは

間違いありません。

これからも

痛みや不調を改善できた

皆さまの喜びの声が聞けるよう

精進していきます。

この場をお借りして

改めて感謝申し上げるとともに

今後も

ご愛顧のほど

よろしくお願いいたします。

からだ回復処 和屋

代表 西田 健一

20110321_165116

2014年10月 4日 (土曜日)

カラダケア(弛めること)のススメ③

10月に入り

朝夕の気温が低くなり始めました。

体調管理には気をつけたいものです。

カラダケアのススメ

 現代人はカラダを動かすことが少なくなったこと

 ストレスがカラダを緊張させていること

について話してきました。

今回の③は

姿勢についてです。

動かすことが少なくなったカラダ

ストレスを抱えたカラダは

当然

動かし弛めることは大切ですが

何よりも大切なことは姿勢です。

しかし

自分本来の姿勢がわからなくなり

カラダが不調になるので

気づくことは意外と難しいかもしれません。

自分本来の姿勢は

真横から見ると

耳-肩-腰-膝-踝(くるぶし)が

床に対して垂直線上にあるということです。

和屋の施術がリセット療法というのも

施術後は自分本来の姿勢に戻るからなのです。

自分本来の姿勢に戻して

運動することをおススメします(@^^)/~~~

からだ回復処 和屋

☎ 076-283-3848

✉ na538@live.jp

Img_8530

2014年9月28日 (日曜日)

カラダケア(弛めること)のススメ②

今日の午前は

ウォーキングに参加してきました。

普段歩くことが少なくなっているので

9キロ歩けるかどうか不安でしたが

いろいろな方とお話したりすることで

完歩できました。

前回の

カラダケア(弛めること)のススメ①では

いかにカラダを動かすことが

少なくなったかをお話ししました。

今回は

ストレスとカラダについて

考えてみたいと思います。

人前で発表する前や

試合前は緊張します。

「肩のチカラを抜いて」などと

アドバイスされても抜けないものです。

緊張している=筋肉が強張る

交感神経が優位の状態が続くと

寝ていてもその状態が続き

不眠症や頭痛、腹痛になることもあります。

ストレスも同様に

心配事や環境的な問題で

筋肉の強張る状態が続き

副交感神経が優位の状態

筋肉が弛む状態にならなくなります。

施術中

お腹がゴロゴロ鳴り出す方が

いらっしゃいます。

これは

交感神経が優位な状態から

副交感神経が優位な状態に

切り替わったからです。

筋肉が弛むことで

ココロも弛んだといえます。

ストレスによる

カラダの不調

頭痛、不眠、腹痛なども

施術により回復することが可能です。

ストレスの解消に

運動するというのも

①と②の話で納得できると思います。

お問い合せ

からだ回復処 和屋

代表 西田 健一

☎ 076-283-3848

✉ na538@live.jp

フェイスブック

わりと更新していますので

よろしくお願いします<(_ _)>

Img_8476

2014年9月23日 (火曜日)

カラダケア(弛めること)のススメ①

すっかり秋らしくなってきました。

朝夕の気温が下がり

カラダの冷えが気になり始めました。

今回は

カラダケアがなぜ必要かを

何回かに分けてお話ししようと思います。

今の生活は

文明の進化とともに

便利なものに囲まれています。

カラダを動かすことが減り

関節の可動域が狭まりました。

人間本来の姿勢である

立位も少なくなっています。

当然

2足歩行も減るわけです。

そこで

スポーツクラブでカラダを動かしたり

ウォーキングやランニングなど

盛んになってきたといえます。

日常生活や仕事で

カラダを動かせることが理想ですが

なかなかできなくなっています。

じっと動かず同じ姿勢でいることが多いため

筋肉は強張りやすくなり

弛むこともなくなってきます。

和屋の施術が

全身であることも

上記のことが理由です。

ゆっくりゆらゆら動かすことの意味は

筋肉を弛める方法の一つなのです。

施術を受けた方の中で

全身が筋肉痛のような感じになったと

感想をいただいたことがあります。

動かされていなかった筋肉が

施術で動かされたからだと考えられます。

いかに

全身の筋肉が

動いてなかったと言えます。

無理をする必要はありませんが

ラジオ体操のようなカラダの動かし方は

とても意味のある動きといえます。

もちろん

和屋の無痛の施術は

筋肉を動かし弛めるので

カラダを動かしていない方の

ケアとしても有効といえます。

特に

高齢者の方で

少しずつ筋肉の硬縮がみられる場合には

定期的に施術することをお勧めしたいです。

カラダを動かすことが少なくなっている方は

無痛の施術で筋肉を緩めましょう。

定期的な施術は

さらに効果があります。

お気軽にお問い合せください(@^^)/~~~

からだ回復処 和屋

☎ 076-283-3848

✉ na538@live.jp

Img_8399

2014年9月10日 (水曜日)

中山芽バレエスタジオ 20周年記念公演

今回

中山芽バレエスタジオ

20周年記念公演のプログラムに

広告を出させていただきました。

記念公演に出演される方が

以前

和屋に施術に来られました。

ご縁に感謝するとともに

公演が盛大に開催されることを

心よりお喜び申し上げます。

どんな

アスリートでも

疲れがたまると

カラダの

バランスが微妙に変わり

動きにも影響するのだと感じました。

整体に慣れていない方や

女性には

カラダに優しい

無痛の施術がよいと思います。

今後も

頑張っている

アスリートの方々の

お手伝いができるとうれしいです。

スタジオの益々のご発展を

お祈りするとともに

素晴らしい演技を

当日拝見したいと思います。

からだ回復処 和屋

代表 西田 健一

Img_8339


Img_8338

Img_8340


2014年7月20日 (日曜日)

夏休みの水泳指導承ります。

長い夏休みのスタートです。

始まる前は

あれこれ予定していても

なかなかできないのが長期休業です。

小学校では夏休み中に

水泳教室を実施します。

3日間の予定が多く

もう少しの指導で

さらに上達するというところで

終わってしまいます。

スイミングやスポーツクラブでも

小学生対象に短期の水泳教室を募集しています。

しかし

もう締め切りが過ぎていたり

定員がいっぱいになっていたりと

せっかくやる気になっていても

できなかったという声を聞きます。

そして

水が苦手で泳げない子供にとって

集団やグループになると

自分のペースで取り組めないので

さらに

水が苦手になることもあるので

気をつけたいものです。

小学校体育コーディネーターとして3年間

1年生~6年生までの水泳指導経験から

水が苦手の子供でも個別で指導すると

短期間で

泳げるようになります。

中学校の体育ではさらに泳ぐ時間は少なく

カラダの成長などで苦手意識もさらに強くなるので

小学生のうちに是非、泳ぎは身につけてほしいです。

子供の実態に合わせて

個別指導承ります。

基本指導料 1時間 ¥4.000

日数により割引もございます。

日時・場所など

お気軽にお問い合わせください。

☎ 076-283-3848

からだ回復処 和屋

Img_7668

2014年5月 6日 (火曜日)

カラダケアが必要な時代

1980年代にアメリカでは

 

運動不足の解消に

 

フィットネスブームが起こりました。

 

日本でも

 

その後首都圏を中心に

 

スポーツクラブが広がり始めました。

 

今では地方都市にも普及し

 

トレーニングジムだけではなく

 

エアロをはじめとした様々な運動ができるようになりました。

 

健康を維持していくためには

栄養、運動、休養のバランスが大切と言われています。

仕事の内容が

 

肉体労働から事務仕事が多くなり

 

運動が多種多様になったのかもしれません。

日常生活や仕事では運動ができないため

スポーツクラブなどの運動施設が街中に多くなったといえます。

本来

睡眠をとると1日の疲れは回復できていました。

しかし

今はストレス社会と言われるほど

ストレスが回復を阻止しています。

そこで

カラダケアが必要になってきました。

幼少期からの過度のスポーツは

関節や筋肉への負担が大きくなっています。

子どもも大人も

ストレスによる筋肉の緊張による

カラダの歪みや痛みなどの症状を

感じる人も増えています。

つまり

年齢にかかわらずカラダの状態が悪く

しかも回復しづらくなっています。

カラダケアは今の時代

必要になってきています。

共通していることは筋肉の緊張で

その緊張をどういう方法でとるかなのです。

和屋では

「もまない」「おさない」「たたかない」施術で

筋肉を弛め本来の立ち方を大切にしています。

急性の痛みにしても

慢性の痛みにしても

痛みがひどければ

短期間に何度か施術することをおススメします。

慢性の痛みは

生活習慣によるものが大きく

定期的な施術が必要になってきます。

施術の前にお話しを伺います。

そして

施術後にアドバイスさせていただいております。

気になることがありましたら

お気軽にご相談ください。

からだ回復処 和屋

☎ 076-283-3848

✉ na538@live.jp

Img_7103

2014年4月11日 (金曜日)

教えてもらわなかった姿勢

先日

2回目の施術でご来院されたのは

65歳の女性Rさんです。

「姿勢の大切さ」は知っていても

和屋のように教えてもらったことがないと

こんな方法ならわかりやすくてできる。

とおっしゃっていただきました。

Rさんは

上山田のしだれ桜を毎年見に来られているそうです。

Img_6877

しかし

今年はいつもは通らない和屋の前を通り

看板が気になり入ってこられました。

施術中だったので名刺とパンフレットをお持ちになり

すぐにご予約の連絡をいただきました。

「これもご縁やね~」とRさん。

さて

お話しを伺うと

頸椎症、椎間板ヘルニア、両膝が変形性膝関節症

他の病気で2回の入院をされていました。

右耳は突発性難聴で聞きとりにくいそうで

耳鳴りもあるというカラダの状態です。

最近では

頸椎症が原因なのか

右肩痛がひどく

痛み止めの注射に飲み薬

週2回の注射が3回になり

薬も強いものになったので

こわくなったそうです。

接骨院、他の整体に通い

かなりよくなってきたのですが

もっとよくなりたいと

偶然通りかかった

和屋に興味をもたれたというわけです。

施術後

姿勢と立ち方について

アドバイスさせていただきました。

また

いろいろな質問もいただき

わかる範囲でお応えいたしました。

Rさん

左膝は病院で人工関節の手術を勧められたようですが

和屋から帰る時は左脚の出にくさもなくなり

笑顔の軽い足取りでお帰りになりました。

筋肉の緊張によるカラダの歪みや痛み

あきらめずにご相談ください\(^o^)/

無痛の整体で

自然治癒力や回復力を元に戻しませんか。

からだ回復処 和屋

☎ 076-283-3848

✉ na538@live.jp

A


より以前の記事一覧

フォト
2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

@

無料ブログはココログ