« 中山芽バレエスタジオ 20周年記念公演 | トップページ | カラダケア(弛めること)のススメ② »

2014年9月23日 (火曜日)

カラダケア(弛めること)のススメ①

すっかり秋らしくなってきました。

朝夕の気温が下がり

カラダの冷えが気になり始めました。

今回は

カラダケアがなぜ必要かを

何回かに分けてお話ししようと思います。

今の生活は

文明の進化とともに

便利なものに囲まれています。

カラダを動かすことが減り

関節の可動域が狭まりました。

人間本来の姿勢である

立位も少なくなっています。

当然

2足歩行も減るわけです。

そこで

スポーツクラブでカラダを動かしたり

ウォーキングやランニングなど

盛んになってきたといえます。

日常生活や仕事で

カラダを動かせることが理想ですが

なかなかできなくなっています。

じっと動かず同じ姿勢でいることが多いため

筋肉は強張りやすくなり

弛むこともなくなってきます。

和屋の施術が

全身であることも

上記のことが理由です。

ゆっくりゆらゆら動かすことの意味は

筋肉を弛める方法の一つなのです。

施術を受けた方の中で

全身が筋肉痛のような感じになったと

感想をいただいたことがあります。

動かされていなかった筋肉が

施術で動かされたからだと考えられます。

いかに

全身の筋肉が

動いてなかったと言えます。

無理をする必要はありませんが

ラジオ体操のようなカラダの動かし方は

とても意味のある動きといえます。

もちろん

和屋の無痛の施術は

筋肉を動かし弛めるので

カラダを動かしていない方の

ケアとしても有効といえます。

特に

高齢者の方で

少しずつ筋肉の硬縮がみられる場合には

定期的に施術することをお勧めしたいです。

カラダを動かすことが少なくなっている方は

無痛の施術で筋肉を緩めましょう。

定期的な施術は

さらに効果があります。

お気軽にお問い合せください(@^^)/~~~

からだ回復処 和屋

☎ 076-283-3848

✉ na538@live.jp

Img_8399

« 中山芽バレエスタジオ 20周年記念公演 | トップページ | カラダケア(弛めること)のススメ② »

おススメ情報・その他」カテゴリの記事

健康(身体と心)・その他の症例」カテゴリの記事

教育・スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/471452/57465316

この記事へのトラックバック一覧です: カラダケア(弛めること)のススメ①:

« 中山芽バレエスタジオ 20周年記念公演 | トップページ | カラダケア(弛めること)のススメ② »

フォト
2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

@

無料ブログはココログ