« チームスポーツの選手カラダケア | トップページ | 石川県高等学校新人バスケットボール大会 »

2012年11月 2日 (金曜日)

学校のいじめは社会の縮図

10月20日(土)に河北台中学校講堂で

「親と子の効果的なコミュニケーションの仕方」

    ~いじめの予防と対策について~

と題して

金沢星稜大学 高 賢一先生の講演会がありました。

かほく市PTA連合会共催で

かほく市内の保護者や先生方

かほく市長をはじめ教育委員会の方々も

お見えになっていました。

 

子どもとのコミュニケーションは

日常生活でやっているようで少ないことを

あらためて感じました。

高先生のお話を伺い

私も不登校児童・生徒と4年間かかわり

一人の親として考えさせられました。

今回の講演はタイムリーだったと思います。

 

私は

いじめや不登校は

誰にでも起こりうることで

社会の縮図と考えています。

事件性のあるいじめは

ニュースとなり全国に発信され

社会問題となりました。

 

しかし

身近なところにある問題として

考えていかなければなりません。

対応についても

ケースバイケースなので

必ずしもマニュアル通りにはなりません。

 

私の適応指導教室の経験は4年間でしたが

全国に多数いらっしゃる教員の方々で

経験されている方はごくわずかだと思います。

1クラス30名いれば約1割に

不登校児童・生徒がいると考えると

いじめの問題はそれ以上あってもおかしくありません。

今回の講演を聴いていて

私の経験を役立てることができたらと思いました。

 

石川県には

不登校などと向き合う親たちのグループ

やすらぎの会  ✉ miyakoyo@hotmail.co.jp

があり、高先生がアドバイザーをされています。

毎月1回、学習会を開催しているようなので

興味のある方は上記メールにてお問い合せ下さい。

Img_3201

« チームスポーツの選手カラダケア | トップページ | 石川県高等学校新人バスケットボール大会 »

おススメ情報・その他」カテゴリの記事

教育・スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/471452/47694092

この記事へのトラックバック一覧です: 学校のいじめは社会の縮図:

« チームスポーツの選手カラダケア | トップページ | 石川県高等学校新人バスケットボール大会 »

フォト
2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

@

無料ブログはココログ