« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月26日 (火曜日)

よく転ぶのは?

昨日

83歳男性Bさんの施術をさせていただきました。

話を伺うと

しばらく歩くと立っていられなくなり

足が重く動けなるそうです。

かかりつけのお医者さんに相談すると

電流をカラダに流すのはよくないから

整体がいいと勧められたそうです。

ちょうどそんな時に

私が2週間に一度

訪問施術していることを知り

受けに来られました。

バランスパッドに立っていただくと

両足の指先に体重がかかっているのが明らかでした。

よく転ぶというのもこれが原因です。

転ぶわりには骨折などのケガがなくて幸いです。

高齢の方々は

転倒して骨折、入院など長期療養が必要となり

歩行が困難となり寝たきりになることも

少なくありません。

 

施術後Bさんは

バランスパッドに立つと

足の裏全体を使った安定した立ち方となりました。

カラダの使い方がラクなので

玄関で履き物を履くのも

いつもの煩わしさがないと

喜んでいただけたようです。

転んではいけないという思いが

カラダに余分なチカラが入り

つま先立ちで立っていたのです。

2週間後の施術も来たいとおっしゃって

笑顔でお帰りになりました(*^^)v

Img_1890

2012年6月23日 (土曜日)

カラダの癖を知る

カラダの痛みと姿勢はとても関係があります。

先日ニュースで取り上げられた

スマホ利用者の女性に急増中の「ストレートネック」に注意

はもちろんですが

運動の姿勢やカラダの使い方によっては

慢性の痛みになるものが多いのです。

理想は

運動時の姿勢やカラダの使い方を修正することですが

運動経験の積み重ねによる悪い癖は

修正するには時間がかかることがあります。

「ちりも積もれば山となる」

というように

よほど悪い使い方なら

すぐに痛みがでるかケガになります。

また

どれだけよい姿勢・使い方であっても

長年使い続ければ使い続ければ

疲労が蓄積します。

自分のカラダの姿勢や使い方の癖がわかっていれば

日々のカラダのケアもしやすく

慢性の痛みになるまで気がつかない

と言うこともなくなります。

これは

日常生活にも言えることですが

とても些細なことなのでわかりづらいのです。

カラダを整えてみると

自分のカラダの姿勢や癖がわかってきます。

特に痛みを伴った施術では

自分の感覚が麻痺してしまうので

無痛の施術であれば

自分本来の感覚を取り戻せるはずです。

毎日の生活で特に何かしたわけでもないのに

あちこち痛みを感じている中高年の方々

自分が続けているスポーツによる

慢性的な痛みがなかなか取れない方

高校総体や中学の大会も一段落した

この時期の中学生・高校生

そしてジュニアスポーツをしている子どもたち

無痛整体でカラダを整え

自分のカラダの姿勢や癖を知りませんか?

Img_1885

2012年6月14日 (木曜日)

梅雨と腰痛

梅雨入り後

腰痛を訴えて施術に来られる方が

大変多くなっております。

寒い時期に多いように思いますが

この梅雨時期も腰痛は意外と多いのです。

暑いと思っていると肌寒かったり

気温差によるもの

気温が高いと動きやすくなり

つい無理をしてしまうなどありますが

一番の原因は

自分本来の姿勢でなくなっていることです。

無痛整体で姿勢をリセット(*^^)v

痛みもリセット(^◇^)

腰が痛くならないカラダの使い方で

カラダ使い方習慣も改善しましょう(@^^)/~~~

Img_1811

2012年6月 9日 (土曜日)

北陸地方も梅雨入り

「弁当忘れても傘忘れるな」というくらい

雨の多い北陸ですが

梅雨入りすると雨の日はさらに多くなります。

今日も昨夜から降り始めた雨は

いったん止みそうに思えましたが降り続いています。

雨が続くと気持ちが滅入り

体調不良も多くなります。

関節痛や頭痛に悩まされる方も少なくありません。

これらの不調の原因は

気温と湿度に関係があると思われます。

体内に熱がこもりやすかったり

エアコンなどの冷気でカラダが冷えたりして

筋肉自体が熱くなったり冷たくなったりして

筋肉が緊張し弛みにくくなることが考えられます。

そのため古傷が痛んだり

肩こりから頭痛が起きやすかったりします。

姿勢を気をつけるとともに

カラダの関節を痛くない程度でまわし

筋肉を動かしてあげることをお勧めします。

まずは

無痛整体でカラダリセットしてみませんか?

Img_1742

2012年6月 8日 (金曜日)

河北郡市器械運動交歓会

6日(水)に宇ノ気小学校の体育館で

器械運動交歓が行われました。

体育コーディネーターで

かほく市内の小学校の何校かは

対象の4年生の授業に参加しているので

どんな演技をするのか見学してきました。

授業中よりは緊張した面持ちで

演技順を待っていたり見学していたり

私を見つけるとぎこちない笑顔だったり

どの小学校の児童も

自分が練習してきた技を一生懸命

演技していたのが印象深かったです。

児童数の多い学校は

代表に選ばれるために練習していました。

逆に

児童数の少ない学校は全員が出場できるのですが

器械運動が不得意な児童は

技ができるようになるまで必死に練習をしている姿がみられました。

第46回という伝統ある交歓会は

準備や児童への実技指導など

当該の先生方も大変だとは思いますが

他校の児童と交流ができる貴重な場であり

共に育つことができる素晴らしい場でもあると思います。

 

見学に来られている保護者もかなりいて驚きました。

我が子の演技を一目見ようとお父さんの姿も

多く見られました。

私も40年前に参加した一人として

今度は立場が違いましたが

多くの児童の演技を観ることができ

今後の体育コーディネーターの仕事に

活かしていけると感じました。

2012年6月 2日 (土曜日)

一体感

2日間お休みをいただき

高校総体の応援をさせていただきました。

3年生にとって最後の公式戦

練習の成果を発揮する場です。

負ければ終わり

最後まで「あきらめない」気持ちは

ゲームで頑張る選手

ベンチで声を出す選手、監督。

 

観客席からは

さらに大きな声援が

仲間から、そして保護者から

チームと観客席の応援が一体となり

その場にいないと味わえない感動がありました。

 

残念ながら延長の末

負けてしまいましたが

あともう一歩

成長するための経験と試練を与えられました。

 

私は女子チームのベンチに入らせていただきました。

彼女たちも本当に頑張っていました。

ここでも「あきらめない」強い思い

点差にかかわらず前向きに闘う姿に

心を打たれました。

試合後のさわやかな笑顔は忘れません。

次のステップに役立ててほしいと思いました。

 

学ぶことは

まだまだ沢山ありました。

私自身、貴重な経験をさせていただきました。

このような機会をいただいたことに

心から感謝したいです。

まだ

戦っている選手やチーム関係者の皆さま

健闘をお祈りします!(^^)!

Img_1672

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

フォト
2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

@

無料ブログはココログ