« 肩こりと姿勢 | トップページ | 気温の低下とカラダ »

2011年9月17日 (土曜日)

ウィンターカップ予選

先週

石川県高等学校バスケットボール選抜優勝大会

ウィンターカップ石川県予選(男子)を観戦してきました。

インターハイ予選後

3年生が引退して1・2年中心の新チームとして挑んだチーム

まだ3年生が残り、中心になって試合運びをしたチーム

やはり

後者がベスト4に残りました。

まだチームとして機能せずチカラを発揮できずに

負けたチームにも

これからの成長が楽しみな選手を数多く観ることができました。

カラダのキレ、動きのよさは

 

姿勢と大きなかかわりがあると思っています。

関節の可動域も同様のことが言えます。

観ていて緊張感が伝わってこない動きはしなやかで美しいです。

激しくコンタクトのあるスポーツだからこそ

 

カラダのケアは必要であり

 

プレーヤー自身の気づきが必要だと思います。

ケアはあくまでも自分自身が主体です。

さて、新人戦にはどのようになっているか。

とても楽しみです。

ウィンターカップに出場する金沢高校(男子)

津幡高校(女子)の選手の皆さまにはベストコンディションで

大会に臨んでほしいと願います。

頑張っている選手のケアもサポートしていきたいです。

20110910_133823

« 肩こりと姿勢 | トップページ | 気温の低下とカラダ »

教育・スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/471452/41740848

この記事へのトラックバック一覧です: ウィンターカップ予選:

« 肩こりと姿勢 | トップページ | 気温の低下とカラダ »

フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

@

無料ブログはココログ