« 脊柱管狭窄症 | トップページ | 切り替え時の故障 »

2011年5月20日 (金曜日)

コンディショニング

今日、石川の天気は快晴で夏日になりました。

いよいよ中学校や高校の部活動は大会が目白押し

そして全国大会まで続く大会が始まります。

3年生にとっては最後の大会となります。

このところ大会で怪我をしてしまい

完治する前に痛みを我慢してプレーしている選手多いようです。

和屋に痛みを和らげたいと中学生・高校生が来ます。

種目の特徴的なカラダの使い方による痛み

怪我をかばって怪我した個所と違う場所が

痛くなることもあります。

怪我は基本的には安静にして治りかけは無理をしないことが大切です。

腫れや痛みがなくなるとすぐに練習や試合をしてしまい

慢性的な痛みになる場合も多いです。

残りの時間がないので気持ちはよくわかります。

やはり最高のパフォーマンスは日々の努力です。

練習ではカラダにチカラを入れることがほとんどで

チカラを抜く練習はしていません

しかし、カラダの疲れをとるためには筋肉を弛めることは

大変重要なことなのです。

カラダを動かした後のストレッチや整理体操でできればよいのですが

試合や大会等が続くとなかなかできなくなってしまいます。

カラダの状態をリセットするには施術が一番です。

立ち方ひとつでカラダを弛められるます。

最後の大会

自分本来の立ち方に戻って

最高のパフォーマンスで望んでほしいものです。

Dsc_0937

« 脊柱管狭窄症 | トップページ | 切り替え時の故障 »

健康(身体と心)・その他の症例」カテゴリの記事

教育・スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/471452/40061864

この記事へのトラックバック一覧です: コンディショニング:

« 脊柱管狭窄症 | トップページ | 切り替え時の故障 »

フォト
2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

@

無料ブログはココログ