« 受験生をサポートします。 | トップページ | 雪かき後の腰痛 »

2011年2月 2日 (水曜日)

運動と姿勢

1月末にバスケの試合がありました。

高校時代からの腰痛

大学時代からの右膝の痛み

再発しないように試合の途中にカラダリセットしています。

そう言うとスゴイことをやっているように思われますが

もう一度自分本来の立ち方をすることなのです。

痛くなり始めるということはその周辺の筋肉に

必要以上のチカラが入り始めているからです。

またどこかをかばって痛くなる場合もあります。

そのまま1試合使い続ければ痛くなってしまいますが

途中で意図的に弛めてあげれば

筋肉疲労が蓄積せずに筋肉痛も最小限に抑えられると思います。

実際私は、4クオーターのうち3クオーターに出場し

その次の1試合は審判をしました。

翌日以降の筋肉痛は思ったほどではなかったのです。

姿勢を試合中にチェックするだけです。

バスケットでは走る、跳ぶ、止まるといった立体的な動きをするので

筋肉をひねって使い、カラダのコンタクトも多い競技です。

筋肉が緊張するので試合中でも筋肉を弛められるようになると

パフォーマンスの低下も防げると考えています。

自分のカラダの状態を知ること

カラダリセットが自分でてぎるようになってもらいたいと思います。

その種目独自の姿勢もあるでしょうが

自分本来の姿勢は運動するためにもとても重要なのです。

Dsc_0340

« 受験生をサポートします。 | トップページ | 雪かき後の腰痛 »

教育・スポーツ」カテゴリの記事

腰痛、背中の痛み」カテゴリの記事

膝の痛み、股関節痛、足の痛み」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/471452/38706160

この記事へのトラックバック一覧です: 運動と姿勢:

« 受験生をサポートします。 | トップページ | 雪かき後の腰痛 »

フォト
2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

@

無料ブログはココログ