« 館野さん優勝おめでとうございます。 | トップページ | あきらめていませんか? »

2010年1月26日 (火曜日)

立つこと

一昨日の「歩ける」の基となる

立つこと」について考えてみましょうflair

人間は2足で立つことができるshine

当然のことのようですが

この骨格の構造はある意味画期的なことですconfident

誕生後、立つまで1年ほどかけて

いろいろな経験がトレーニングとなっているわけです。

自分が初めて立った時のことを

覚えている人はほとんどいないと思いますsweat01

自分の子どもたちのことを思い出してみると

立つ時はかなりの力が必要ですが

何度も転んでは立ちしていると

いつの間にか立ち姿勢には力みがなく

楽に立つことができるようになっています。

これこそ人間本来の正しい姿勢だと思います\(^o^)/

誰が教えたわけでもなく親や身近にいる人を

観て学んだのだと思います。

しかし

身体が成長したり常に使っていれば

身長や体重が変わったり

使い方によっては筋肉や関節に負担がかかり

違和感や痛みが生じることも出るはずです。

難しいことではないのですが

無駄な力を使わないで立つ」ことは

とても重要なことだと考えています。

もう一度

自分本来の立ち方にリセットされれば

身体の不調や痛みは改善されます。

身体の歪みや痛み

そして、姿勢の悪さを

もう年だから」とか

どうせやっても」と

あきらめていませんか?

自分が良くなりたいと思う気持ち

一番大切です。

立ち姿勢は人の動きの基本姿勢です。

リセット療法で変えてみませんか?

からだ回復処 和屋

    代表 西田 健一

faxto 076-283-3848

mailto na538@nifmail.jp

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 石川情報へ

にほんブログ村 

にほんブログ村 健康ブログ 整体へ 
にほんブログ村

Qr_codeblog 

QRコードで

簡単登録mobilephone

 

出張施術

土日営業

石川県内

かほく市内送迎可

かほく市、津幡町、内灘町

金沢市、野々市町、白山市

羽咋郡、羽咋市、

宝達志水町、志賀町、七尾市

富山県は南砺市、富山市から

« 館野さん優勝おめでとうございます。 | トップページ | あきらめていませんか? »

健康(身体と心)・その他の症例」カテゴリの記事

教育・スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/471452/33117946

この記事へのトラックバック一覧です: 立つこと:

« 館野さん優勝おめでとうございます。 | トップページ | あきらめていませんか? »

フォト
2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

@

無料ブログはココログ