« 弁慶 | トップページ | 新しい営業マン »

2009年3月20日 (金曜日)

お彼岸

彼岸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア

(Wikipedia)』

彼岸(ひがん)とは、煩悩を脱した悟りの境地の

ことで、煩悩や迷いに満ちたこの世をこちら側の

岸「此岸」(しがん)と言うのに対して、向う側の岸

「彼岸」という。

彼岸会(ひがんえ)」は、雑節の一つで、

春分秋分を中日とし、前後各3日を合わせた7日間

のこと。また、この期間に行われる仏事のこと。

暦の上では最初の日を「彼岸の入り」、

最後の日を「彼岸明け」なお、地方によっては

最後の日を「はしりくち」という地方もある。

由来 [編集]

彼岸会法要は日本オリジナルであり、彼岸の

仏事は浄土思想に由来する。

浄土思想で信じられている極楽浄土阿弥陀如来

治める浄土の一種)は西方の遙か彼方にあると

考えられている(西方浄土ともいう)。

春分と秋分は、太陽が真東から昇り、真西に沈む

ので、西方に沈む太陽を礼拝し、遙か彼方の極楽

浄土に思いをはせたのが彼岸の始まりである。

もとはシルクロードを経て伝わった、生を終えた後の

世界を願う考え方に基づいている。心に極楽浄土を

思い描き浄土に生まれ変われることを願ったもの

念仏)と理解されているようだ。

しかし後述のように、天皇の詔として仏教思想を

全国に広げることを意図して始められた行事で

あったが、いつの時代も人として、生を終えた後の

世界への関心の高いことは同じであり、いつの間にか

生を終えていった祖先を供養する行事として定着する

に至った。

彼岸会の「彼岸」は、「日願(ひがん)」から来ていると

も言える。日本に限らず古来から、太陽や祖霊信仰

は原始宗教の頃からつきものなのである。仏教語の

彼岸は後から結びついたものであるという説

五来重による)もある。

   行われた。このとき崇道天皇(早良親王)の

   ために諸国の国分寺の僧に命じて「七日金剛

   般若経を読まわしむ」と『日本後紀』に記述され

   ている。

供物 [編集]

日本で彼岸に供え物として作られる「ぼたもち」と

おはぎ」は同じもので、炊いた米を軽くついてまとめ

分厚く餡で包んだ10cm弱の菓子として作られるのが

一般的である。これらの名は、彼岸の頃に咲く牡丹

(春)と(秋)に由来すると言われる。

きな粉と胡麻 [編集]

1271年文永8年)9月12日、日蓮鎌倉龍ノ口

の刑場へ引き立てられていった。急を聞いた桟敷の

尼が、なにか最後のご供養をと考えたが、急であった

ため餡をつくる時間が無く、きな粉と胡麻をまぶして

牡丹餅を作り日蓮に献上したという。日蓮は、

難を免れ佐渡に流罪となった。この故事にちなみ

陰暦9月12日日蓮宗では「御難の餅」という胡麻

のぼたもちを作って供える。また「難除けぼたもち」

「首つなぎぼたもち」などと呼ばれている。

春分の日の今日、天気は悪いのですがsweat01

先日、テレビを観ていると

人生が変わる1分間の深イイ話

天才脳外科医 福島孝徳先生

大ピンチの時

「神頼み」だそうですconfident

私の日願健康です( ̄ー+ ̄)

ご先祖様への感謝

忘れないようにしたいですhappy0103192

人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 石川情報へ

にほんブログ村          

からだ回復処 和屋

faxto 076-283-3848

mailto na538@nifmail.jp

« 弁慶 | トップページ | 新しい営業マン »

健康(身体と心)・その他の症例」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/471452/28703845

この記事へのトラックバック一覧です: お彼岸:

» 電子タバコ [電子タバコ]
電子タバコ [続きを読む]

« 弁慶 | トップページ | 新しい営業マン »

フォト
2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

@

無料ブログはココログ